大・大・大満足の一日

今日は高校の同級生、ひさしさんと5年位ぶりに再会。

高校を卒業をしてから、大学の時に1回位会ったきり、

全然会ってなかったのですが、

最近mixiで繋がり、メッセージで盛り上がって

表参道で食器探し→銀座でイタリアワインを飲みに!という

企画のもと、遊びに行って来ました。

(ちなみに発端の日記は下記…)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=139246799&owner_id=121104

まずは昼過ぎに表参道で集合。

スパイラルマーケットでしばらく物色ののち、

原宿に向かってブラブラ。

ちょっと裏道にある煙のすごいカフェ(?)にて、

自分らや高校の他の友達の近況、

仕事、趣味、政治経済、サッカー等…いろいろと話をし、

興味深い事をいくつも教えてもらいました。

特に、ひさしさんが大学時代にハマったという、

イタリアの話が面白い!

思わずイタリアに行きたくなりましたよ。

3時間ほど談笑ののち、

渋谷まで歩き、セリエAの話などをしながら地下鉄で銀座へ移動、

松坂屋の裏手にあるイタリアンレストラン、

VINORIOというお店へ。

http://www.imp-inc.co.jp/vinorio/

とりあえず、カウンター席に着席。

ビルの6階にある小さなお店で、

シェフとカウンターの人の2人で回していたのですが、

優しくあったかい雰囲気で、なんとも居心地が良く。。。

そこで、Barbaresco Riserva Ovelloという

2000年のイタリアの赤ワインを飲んだのですが…

これが!

やばい!

激うま!

なんというかこう、ワインに関する語彙がないんで

率直に表現するしかないんだけれども…

いわゆる「赤ワイン!」って聞いた時にイメージされる

ぐさっとくるような渋さ、重さみたいのがまったくなく…

かといって軽かったり薄かったりするわけでは決してなくて、

ぱっと口に含んだ感触がすっごく柔らかくて、

それでいてしっかりとボリューム・存在感があるという。。

とにかく、すっっっっごく旨い!!!!!

まったくもって、今まで飲んでたようなのとは別物でした。。

これは…

ショックで、しばらく安いワインは飲めないかもしれません。。

感動のあまり、ラベルを頂いてきてしまいました。

料理も、前菜もパスタもパンも抜群の味。

おいしくて多めに頼んでしまったため、

メインディッシュが食べれなかったくらい(笑)

さらには、バーとかで、カウンターに座った時は、

状況が許せば、必ず中の人と話す事にしているんですが、

今日も楽しくて。

ひさしさんや店の人との会話で、色々と勉強にもなりました。

食前酒→前菜2品→グラスワイン(白)→パスタ2皿→

赤ワイン→グラッパ→デザートワイン→ドルチェという流れで

金額はそれこそ、1人1万円以上したんですが、

それを、遥かに上回る満足度。

7時から11時までというやや長い時間でも、

楽しくて、全っ然時を感じませんでした。

良い金額のお店には、やはりそれだけの理由がありますな。

これを機に、自分なりにも追求して行きたいものです。

お金は調整が利くけど、体験や経験は調整できないですからね。。

んで、家に帰ってからはワールドカップの準々決勝を観戦。

イングランドVSポルトガル戦は、テレビ前にきちんと座って、

フランスVSブラジルは、パソコンの前で

サドメル~VanguardあたりのCD18枚を

一気にiPodに取り込むという暴挙に出つつ、見ました。

あうう、ブラジル負けちゃったよ。。。

一身上の都合により、すごく悲しいです。。。。

でも、どちらの試合も素晴らしいゲーム内容!!!!

この時間まで起きて見続けた甲斐がありました。

というわけで、今日はすっごく楽しく、

得るものも多い一日でした。

ひさしさん、ありがとう。また行きましょう!!!

コメントを残す