俺ンタイン

最近レビューばっかり書くのて何だかアレなので、
「筆の赴くまま」を基本に、近況ぽいことも書いてみるテスト。
どうも403です。春ですね何だか。

えと、バレンタインは俺ンタインでした。

病院行ったらなんとバレンタインくすりを貰え(有料で)、
ブックオフに行ったらなんとバレンタインCDを貰えました(有料で)。

その後カフェで一人、今後の展望を練ったり、
今年のバレンタインも特に浮ついた事なんてないなあ…等
考えながらまたーりしたり。

すると、なんとこんな出来事が。

突然、一人の可愛い女性…年の頃は僕より少し下?…が、やや緊張した表情で、近付いてきました。

なんだろう?と思っていると、彼女、
「これ…どうぞ」
と、僕にそっと一枚の紙を差し出し、
何かいいながら歩き去ろうとしました。

手渡されたのは大きめの厚紙。
確か前にもこんな事があった…それを覚えていた僕は慌てることもなく、瞬時に内容を理解し、
いくつかの可能性列挙とと取捨選択を瞬時に行い、急いでその子を呼び止め、思いを伝えました。

「あの。」

渇いた喉から出た声は、少しかすれて裏返って。

彼女はかすれた声に少し驚きつつ、ゆっくりとこちらに振り向きました。
少し嬉しそうな表情で、僕からの答えを待つ彼女。

僕は、かすれたままの声をしぼり出し…

「ビールと…コーヒーを、下さい。」

すると彼女は太陽の笑みで、…ってもういいか。
そんなこんなでバレンタインビールと
手づくりのバレンタインコーヒーを楽しみつつ今後の展望を練ったり、
今年のバレンタインも特に浮ついた事なんてないなあ…等
考えたりしながらまたーりしましたよ。

もちろん有料なので、さっきメニューを持ってきてくれ、
オーダーをとってくれた可愛い店員さんにお金を支払いました。

しっかしそんな俺ンタインとは一切関係なく、
街ではクリスマス同様、オシャレをしたカップリャーとか、
赤い衣装を着ていて、お金を払えば愛をたっぷり与えてくれそうな女の子たちとか
あとはバレンタインティッシュを配る人とか
バレンタインチラシを配る人とかでごった返していました。

さらに今年は往年の名曲もリメイクされてリリースされましたしね。
たしかバレンタインデーキッス☆みたいな。
ん?バレンタインデー☆キルだっけ?どうでもいいや。

とまあここまでは全部冗談なんだけど。(えー

人々は愛に踊らされ、
愛は市場に踊らされ。
他にも、地位とか、名誉とか。

そんな時、
ふーむ。
本当に大切なものって、なんなんでしょうね、
って思う。

最近特に、耳障りのいい言葉が、
大切なことを隠してしまっているように思えてなりません。

なんつーか、だから…というか、

「本当に大切なことは目に見えないんだよ。心で見なくちゃ。」

なんていう、子供の童話の一節が、
読んで20年以上経った今も、僕に向かって、強力な力で迫ってくるわけで。
あー、説明下手だけど。

うーむ。
本当に大切なものって、なんなんだろ。

おわり。

コメントを残す