オスカー

「オスカー」って猫、知ってます?

オスカーはアメリカ、ロードアイランドにお住まいの
2歳の猫ちゃんなんですが、とある能力で、
ちょっとした話題になっているのです。

その能力からついた通称は、「死の天使」。

オスカーは、
老人介護施設の進行性認知症科にお住まい。

ここでオスカーは、患者の死を予知することで
有名になっているというのです。
なんでも、

 老人病専門医によると、オスカーは定期的に患者を巡回し、病状の進行を検知。どの患者が次に亡くなるのかを予知するのだという。クンクンと患者のにおいをかいでまわり、ある患者の側に寄り添い、丸くなって眠る。
(AFP ニュース記事より)

とのことで、上記行動を起こしたら、その患者は
ほぼ例外なく数時間後に死亡するとのこと。
ちなみに死が近くなければ、においをかいだ後、
そのまま通り過ぎるらしいです。

いままで25人の患者の死を予知しており、
オスカーが同施設に現れ、死のサインを見せたら、
スタッフは直ちに家族と牧師を呼ぶらしいです。

なんでも、その施設の患者はまだ
オスカーにまつわる話を知らないらしいのですが・・・

うーわー。

怖っ。

で、その恐怖の猫がどんな姿をしているかというと・・・

こんな

わー。
なんかやたらとラブリン★なんですけど。
逆にたまったもんじゃないっすね。。。

おわりん★

コメントを残す