今年も終わりですね。

どうも403です。
第九を聞きながらのんびりやってます。

やぁ、
今年は、いろいろあったなぁ。。

(´-`)

正直、すっげえしんどかったです。

でもなんとかこうして生きながらえて、
無事(?)に、年の瀬を迎えられて、よかった。

せっかく繋いだこの命、
来年以降も大事にしたいなあと思います。
ってと、若干大袈裟かも知れませんがね…(;^_^A

とにかく、
お疲れ、俺。
そして、
ありがとう、みんな。

それでは、よいお年を。
来年もよろしくお願い致します。

おわり。

ぶらり横浜

今日は所用で横浜へ。東横をみなとみらい駅で降り。
用事を済ませてもし時間があれば
ランドマークプラザの有隣堂に行って
帰るかなーみたいに思っていたんですが、
予想以上にさっくり済んだので、そのまま横浜辺りを散策することに。

まずはだらだら歩く事15分位、お隣りの関内駅を過ぎて、
イセザキモールの有隣堂本店へ。

実は最近故あって、フィンランド語という
ちょっとマニアックな言語を勉強してるのですが、
普通の本屋には充分な品揃えがないので、
それならばと本店にお邪魔したわけです。

そしたら、やはりあったo(^-^)o

これで狙ってた参考書はとりあえず揃ったです☆
あとは辞書なんだけど、発行部数が少ない分、
やたら高いのがアレです。。三万円て。

とりあえず基本1500語みたいなのを手に入れたので、
それプラス、ネットでカバーかな。

んで、内容をじっくり見たいので、馬車道のよさげなカフェを開拓。
cafe guinhoというお店。

カップや内装、フライヤーのデザインとかが統一されていて、
明るく、綺麗なお店でした。
味もなかなか♪
んで、1時間位飲み食いしながら読書。

帰りしなに店長さんに話し掛けてみると、なんと店は
今年のクリスマスイブにオープンしたばかりなのだそう。

へぇー。いい店知った~。
関内は自転車でもぼちぼち通るので、
その休息ポイントとしてもよさそう。

んでその後高島のTSUTAYAによりみちしたりしながらも
だらだらまたーりと横浜駅まで歩き、明るい内に自宅に着きました。

やー、街歩きは楽しいなぁ。
チャリもいいけど、徒歩もいいよね。

おわり。

こなあああああああ

ゆきいいいいいいいいい。
冬ですね。403ですこんばんは。

今日は忘年会でしたっ。in横浜。

飲んだり、カラオケ行ったり、また飲んだりで
かなり充実。
とりあえず今回はネタに走りました。かなり。

…つくねの竹筒で一発ギャグは厳しいよ~ヽ(`Д´)ノ
…2発やったけど。

…アリスのチャンピオンの台詞部分だけは勇気がいるよ~(´・ω・`)
…おいしかったけど。

個人的にはカラオケで
レミオロメンの粉雪をなんとか歌える事が分かった事が
収穫でした。こなあああああy(ry

やあしかし楽しかったです。
本当に気兼ねなく飲めて、いい関係。
ありがたい。ありがとう。

おわり。

世界ふれあい街歩き

っていう、NHKの番組に最近ハマっているです。

世界各国の都市を歩いて、
その場で出会った人々や物などを紹介していく番組…
ってーと、普通の紀行番組みたいですが、
この番組の面白いところは、
映像を旅人目線で撮影して、
それに役者がアフレコするって形式で作られているところ。

最近だと所さんの番組とかでそんな趣向のコーナーが見られるけど、
それよりもナレーションが自然で、変に狙ってなくて、大変好感が持てます。
なんつーか、
本当にその街を歩いているかのような気分になれます。

別に爆笑もなく、スリルもなにもないけれど、スローなので、
何も考えず、ゆるーくぼんやりと見ることが出来るのが、
いい感じです。癒し系。

…って、最近TVネタが多いな。。
あまり本意ではないのだけど、意外とよく見てるって事か。
ふうむ。

以上、武田奈也の笑顔にズキュンとやられそうな403でした。

おわり。

うおおっ

前取り上げたっけ?世界一キモいクイズ。
その続編らしき、世界一奇妙なQなるものが
やってる━━ΣΣ(゜Д゜;)━━!
やー、やっぱり面白いなあ。

ってか、そんなんに反応してまうあたり、
まあ、ヲタクでありやす(;^_^A

おわり。

菅野

横浜FCのゴールキーパー、
菅野孝憲選手が日本プロスポーツ大賞を受賞したそうな。

Jリーグアウォーズの新人賞も受賞したし、
チームは最下位で降格決定なのに。。
何と言うか…

すげーのー…

…。
ミ゜Д゜,,彡ふさふさだぞゴルァ!

おわり。

思うに

表現が適切かどうかははわからないけど、
人は、依存しあって生きるものなんだろう。

感謝の言葉は暗に返礼を求め、
詫びの言葉は暗に赦しを求め、
わがままは暗に寛容を求める。

正論も、賛美も、言葉の暴力も、傷のなめあいも、
余計な一言も、徹底抗戦も、説得も、世辞も、
本音トークも、全ては依存だ。

そして僕が今こうしてここにこんなことを発信している事も、
暗に同意を求めているからで、
やはり依存に過ぎない。

発信することによる、理解の強要。
ワールドワイドを巻き込んだ、壮大なオナニープレイ。
弱さの一形態だ。

依存を無くすには、
ただ笑って沈黙するしかないのだろう。

あらゆる言葉を失ったときに、
人は真の自立と強さを得られるのかも知れない。

でもそれは同時に、生命の描いて来た放物線から
外れる行為なのだろう、とも思う。

依存は快楽として
遺伝子レベルでプログラミングされていて、
極端な話、それこそが
生物をここまで進化させたのかもしれない。

言葉は依存、沈黙は力。
僕は沈黙という力を得たい。
その力を得ることによって、
人生がどんなに色褪せようとも。

…でも、きっと本当はそうじゃないんだ。
いや、正しくは、それもあるけど同時に、そうじゃない部分も持ち合わせたいんだ。
依存を断ったドライな生き方に憧れるけど、
本当は同時に、依存したいんだ。
依存を依存として割り切った、
そんなオトナな関係も渇望しているんだ。
相反する二つの性質を同時に欲しがる、
贅沢猫ちゃんなんだ。

だからさ、
ねぇ、
踊ろうよ。
踊ってよ。
みんなで絡まり合おうよ。
主張と反論の、サインとシンボルの、
嘘と、本当という名の嘘のダンスホールでさ。

みんなの心をとろとろにかきまぜて、
スープをつくろうよ。
そしてそれをみんなで分け合って飲もうよ。

不完全な僕たちの心と心を、生命と生命を、
遺伝子と遺伝子を、丁々発止、
相互補完し合おうじゃないか。

そんな事を考えた、27歳のメリークリスマス。

みんな、元気かい?
僕は上々さ。いつでもね。